カードローンの金利計算と利息の算出

銀行や消費者金融などで昔からお馴染みのカードローン商品ですが、それは決して無料でお金を貸してくれるわけではありません。お金を借りると金利によって算出される利息も支払わなければならなくなりますので、元金にそのお金を上乗せして返さなければならないのです。
ところで金利計算には、基本的な公式があります。それは、「借入金額×金利(実質年率)÷365日×借入日数=利息の負担金」というシンプルなものです。とにかくローン商品やキャッシング・サービスなどを利用する限りは、その負担金からは基本的に誰も逃れる術はありません。
ちなみにその負担金とは、お金を借りる人にとっては少ないほうが有り難いのは当たり前です。しかし負担金が少なくて魅力的な商品やサービスほど、申し込んだ後の審査の難易度は高くなってしまう傾向があります。ですから自分の願い通りの魅力的な商品が見つかったとしても、審査に通らなくて残念な結果に終わってしまうこともあるのです。
それにお金を借りた後の安全で確実な返済を考えると、それは本人の心掛けが非常に大切です。たとえば絶対に無理せずに余裕で返済できる金額だけを借りるべきであり、自分の返済能力を超えた大金などは決して借りてはいけません。それを守るためには、何よりも本人の心掛けこそが第一なのです。ですからお金を借りる時は、上記の計算式を気にするばかりではいけません。それよりも何も、まずは自分自身の借金と返済に関する心掛けをチェックし直してみましょう。
詳しくは大福信用金庫こちらに書かれています。