未成年でも借りれる金融機関はあるのか

未成年でも借りれる金融機関はほとんどありません。それは、民法で未成年は契約行為が認められていないためです。融資契約をしようとしても、契約自体が取り消されます。社会人として勤務していても、年齢が20歳未満の場合は断られることがほとんどです。例外的に、結婚をしていて、安定した収入がある場合や、親権者の同意を得て、会社経営をしている場合は、民法上、成人と同様の能力があるとみなされ、金融機関でも貸付を認めることがあります。ただし、会社経営の場合は、営業の範囲内のみ成人と同等となりますので、個人向けの借り入れは利用できない可能性があります。
中小の貸金業者であれば、学生を対象にしてお金を貸し出している場合があります。成人しているなら、他の借り入れと同じように全く問題がないのですが、未成年の場合は、保護者や親権者の許可や同意がない場合には、認められる可能性はありません。親の同意を得られない場合に、自分で同意書を作成する方も見られますが、虚偽の申告で罪に問われることもありますので、絶対にしないようにしましょう。
一番利用できる可能性が高いのは、クレジットカードの利用限度額内にキャッシング枠を設定して、借り入れをすることです。学生の場合は、親の同意が必要になりますし、ショッピング利用のみに限られることが多いです。カードの発行基準によって各社の見解が分かれますが、社会人で安定した収入がある場合は借り入れができるようになっていることがあります。