総量規制外のカードローンについて

カードローンが利用出来るところは色々ありますが、消費者金融が提供するカードローンをはじめとしたローンは総量規制となっています。これは借入利用者が年収の3分の1までの金額でしかお金を借りることが出来ないきまりとなっています。
そこで総量規制外のローンを探すとなると、銀行の提供する融資が対象になります。銀行については金融業者に該当しないため、総量規制の対象にはならず年収の3分の1以上の金額の借入も可能です。
ただし借入可能額を増やしたかったり、限度額を高額に設定したいということであれば収入が証明出来る書類の提出を求められることがあります。それだけ多く借りるということになると審査についても返済が可能であるかを厳しくチェックすることになります。
年収の3分の1までの金額というのは、借入を行うには程よい金額であるのかも知れません。一度に多くの額を借入が出来るにしても、借りられる金額というのは決まっています。総量規制外のところで融資を受けるにしても、自分自身の収入状況から借入の出来る限度額は制限されることもあります。
また新規で借入の契約申込をする場合でも、すでに他社からの借入や残債があった場合、その金額と合わせて利用限度額が設定されることもあります。これはお金を借りる利用者がいくらでもお金を借りられることになれば、返済が出来なくなるまで借りてしまうことを防ぐためでもあり、自分が返済可能な金額の範囲で借入の利用限度額は設定されることになります。